イベント「19th 杜の宮市」 作品など

5月5日に愛知県の一宮(いちのみや)駅前の真清田神社界隈で開催されるイベント「19th 杜の宮市」の追加情報です。

こんな感じで打ち合わせしています

 

 

内田新哉(絵画)と鯉江あかねちゃん(布アーティスト)の二人で楽しい空間を作ります

 

【内田新哉】
子どもの人拓(人型をトレースしてシルエットにする)

大きな塗り絵

 

【あかねちゃん】作品動画

皆さんのご来場をお待ちしています。

杜の宮市サイト

イベント「19th 杜の宮市」

今年の5月5日に愛知県の一宮(いちのみや)駅前の真清田神社界隈で開催される杜の宮市に招待されました。

地元の熱い人たちの気持ちに共感し、絵画の内田新哉と布のアーティスト鯉江あかねちゃんの二人で楽しい空間を作ることになりました。豊ケ岡学園の少年たちも協力して会場を彩ります。

杜の宮市は19年目だそうで、活気ある大きなお祭りに成長しています。当日は全国からたくさんのアートクラフト、ライブ、食べ物飲み物、ワークショップなど380ほどのブースが出店し、3万人を超えるお客さんで賑わいます。

オリナスという旧銀行の建物を会場に大きな作品を描いたり、布を使ってヌイヌイしたり子どもたちの遊び場も作ります。

ぜひ内田新哉サイトに集う方々にも協力していただき、当日楽しんでいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

杜の宮市サイト


真清田神社です。イベント中はこの境内が人でいっぱいになります。

没後10年 石川正倫 遺作展

石川さんは学生の時からお世話になっている芸術の師匠で書家であり指物師であり、お茶に精通した方でもあります。学生で大工を目指していた頃教えいただいたかたで、お茶のお稽古の後で、朝方までアートの話をしてくださった恩師です。亡くなって10年を機に遺作展を頼まれました。 

また賛助出品は、川口清三氏茶道具と小川国亜起氏日本画、内田新哉水彩です。川口清三氏は石川さんのお弟子さんで、NHK日曜美術館に作品が紹介される伝統工芸の至宝でもあります。

小川国亜起氏は院展の常連作家で石川さんご長女のご主人です。

僕の作品も恥ずかしながら会場に展示してあります。東郷町のぶなの木の会場で開催されます。金土日の週末だけなので気をつけてください。ノリタケの森を逃した方はカレンダーも会場にあるのでよかったら来てください。行ける限り会場にいます。お会い出来ることを楽しみにしています。

賛助出品
内田新哉(水彩画)
小川国亜起(日本画)
川口清三(木工)

日時
2018.11.16(金)〜18(日)
2018.11.23(祝)〜25(日)
いずれの会期も10:00〜16:00

会場
ぶなの木
〒470-0153
愛知郡東郷町和合林清池90-1
tel. 080-4222-2531
open 金曜・土曜・日曜 11:00〜16:00

進藤敬太郎 絵画作品展の紹介

愛知県の高浜にあるカフェ けやきの杜でおこなわれる絵画作品展の紹介です。

美味しいランチもいただける人気のカフェと2階のギャラリーで開催される、絵描き友人の敬太郎君の水彩展です。

敬太郎君はカフェでパスタを作るイケメン料理人でありながら、とても細密な絵を描いてます。時間があると自転車で釣りに行く自由人でもあります。素朴で暖かな人柄と作品がシンクロしています。

僕の昔の作品が店内に何点も展示してあります。昔の絵が好きな方は訪ねてください。美しい庭を眺めながらのティータイムを楽しめます。

けやきの杜にはエテナさんという素敵な北欧雑貨のお店もあります。雑貨好きな方はぜひ一度訪ねてほしいです。

名鉄吉浜駅から歩くと少しかかります。車の有る方は駐車場もあります。

夢木香オンラインショップ リニューアルオープン

夢木香オンラインショップ

内田新哉ポストカード、版画、カレンダーなどを扱う「夢木香オンラインショップ」がリニューアルオープン! 内田新哉 関連商品がご購入いただきやすくなりました。ぜひ一度アクセスしてみて下さい。

URL
http://yumekiko.com/item/shinyauchida/

『父とふたりのローマ』のイラスト

児童文学作家・日野多香子(ひの たかこ)さんの新刊『父とふたりのローマ』が出版されました。

この本のイラストを内田新哉が担当しています。よろしければご覧ください。

出版社: 銀の鈴社
140ページ

◆もくじ◆
第1章 初めてのひとり旅
第2章 父が消えた
第3章 ふたりの朝
第4章 父の姿
第5章 マーガレットの花束
第6章 朝の広場
第7章 ステファーノさんの味
第8章 ある物語
第9章 鐘楼の上